HOME > コミュニティ > 日記(ブログ) 
- 杜の都 @ 2008年5月15日(木曜日)20時57分

先月名古屋から仙台行きの飛行機に乗りました。

プロペラ機で最初少し不安を感じましたが、飛行中は揺れもなくすこぶる順調で

スチュワーデスさんにも「今日は富士山が美しく見えますね」と言われたり

和やかなフライトでした。プロペラ機を見直していました。

着陸態勢に入った頃から状況が一変しました。「強風で気流が悪い」とのアナウンス

はありましたが、機体は激しく揺れ、突然フーっと急降下したりしました。

海上は白く波立ち、公園に立っている旗の動きから強風であることがわかりました。

今まで何度か飛行機に乗りましたが、滑走路上に入っているのに機体が大きく横揺れ

していて、着陸の時にこんなに不安定な状態だったことはなかったよなーと思いました。

もう着陸かと思った瞬間、突然飛行機が上昇しました。一瞬何が起こったのか理解

できませんでした。機長から、安全な着陸ができないと判断し着陸をやり直すこと

になったとアナウンスがありました。この後もう一度着陸を試みましたが再度上昇し

3回目で着陸できなければ福島空港に行くとアナウンスされました。

その間ずっと飛行機は激しく揺れ乱高下し続け、生きた心地がしませんでした。

3回目の時も機体は不安定な状態でしたが無事着陸しました。

機長さんに「ありがとう!」と握手をしに行きたい衝動にかられましたが、シートベルト

の着用サインが消えるまでお待ち下さいだったと断念しました。

怖い体験でした。今度は船で旅に出ます。




TrackBacks


 このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません


コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
 HOME > コミュニティ > 日記(ブログ) 
2008年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
当社は「プライバシーマーク」を取得しました。当社では個人情報保護方針を定め確実な履行に努めて参ります。
個人保護方針
このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。 当社保守対応製品一覧のご案内です。 ATMS保守サービスの内容及び@tmsParkについての
ご案内